微笑んでいる女性たち
笑顔の女性と薬を飲む女性
笑顔の女性たち
最新の投稿

妊娠による大きなリスクを持つのは女性であるものの、避妊は男性に任せてしまっている方もいるのではないでしょうか。

望まない妊娠をしてしまい辛い思いをしてしまうのは女性です。
女性にできる避妊法もあるということを知りしっかり覚えておくと安心できます。

女性ができる避妊方法の一つにアフターピルの利用があります。
万が一、性交渉の時にコンドームが外れてしまったとしても、きちんと対処できれば、アフターピルを飲むことで高い確率で性交渉後に避妊ができるのです。

アフターピルとはどんな薬?

緊急避妊薬やモーニングアフターピルなどと呼ばれるアフターピルは様々な場面で使う可能性が考えられます。
性交渉の時にコンドームを使用しなかった場合は妊娠の可能性を考えた上で性交渉をするべきですが、性交渉の時にコンドームが破れていたり途中で外れてしまったり避妊を失敗してしまうということも考えられます。
また、性交渉の時に膣外射精をしたもののコンドームを使用していなかった場合も要注意です。
レイプなど性交渉を強要され避妊ができなかったということも可能性としてはあり得ます。

このような場面では妊娠の可能性は十分あるものの、避妊を失敗したけれど妊娠を望まないというケースではアフターピルの服用が必要です。
アフターピルの服用により約80%と100%安全ではないですが、高い確率で妊娠を望まない場合は妊娠を回避することができます。
80%の確率と言っても、きちんとした服用方法で用量を守って服用しなければ効果は期待できません。
きちんとした効果を得るためには、性交渉後72時間以内にアフターピルを服用することが大切です。

性交後72時間以内にレボノルゲストレルとして1.5mgを1回服用します。

引用元:【公式】アイピル(I-Pill)(アフターピル)|あんしん通販マート

アフターピルには女性ホルモンが含まれています。
この女性ホルモンが排卵を遅らせる働きをするため、受精卵の着床を防ぎます。
そのため、受精卵が着床してしまった後は服用しても効果はありません。

アフターピルは服用により急激なホルモンバランスの変化を起こします。
急激な変化は体への影響が多きく副作用が出ることもあります。
緊急時に使用する薬ということを忘れずに常用は控えるようにしましょう。

アフターピルを服用した場合は副作用として次のような症状が報告されています。
現在使用されている薬では副作用がほとんどでなくなってきていますが、副作用を知っておいた上で服用すると服用が出てしまったとき早急に対処できるので覚えておきましょう。
主な副作用は吐き気や嘔吐、頭痛、めまい、眠気、不正出血などです。
副作用の症状で吐き気や嘔吐がありますが、薬を服用してから2時間以内に吐いてしまうと効果が期待できません。
そのため、もう一度薬の服用しなければならなくなる可能性があります。

副作用の症状は軽いものが多く、副作用が出たとしても24時間程度で治まることが多いです。
あまりにも長く副作用と思われる症状が続く場合は早めに医療機関を受診しましょう。

アフターピルを病院でもらうと値段はいくら?

病院で処方してもらう場合、病院によってはアフターピルの処方を行っていない病院もあるため注意が必要です。
アフターピルは服用までの時間に限りがあるため、受診した医療機関では処方してもらえず間に合わなかったということがないように事前にホームページや電話で確認してから行きましょう。

アフターピルの処方は自由診療扱いになり、保険適用外になります。
自由診療の場合、同じ種類のアフターピルであっても、受診する病院によって値段が変わってきます。
処方される薬の種類も数種類あるため、同じ薬とは限らないのですが、10,000円から20,000円程度の病院が多いとされています。
また、72時間以内の服用が必要であるため、性交渉をした日によっては休日に医療機関を受診しなければ間に合わないこともあります。
休日診療の場合は更に費用がかかると思っておくと良いでしょう。

病院ごとに避妊方法は異なり、どの方法をとるかによって服用する薬や飲み方が変わります。
主な避妊方法は「ヤッペ法」による避妊か、「レボノルゲストレル」という成分を含む薬の服用する避妊です。
ヤッペ法はレボノルゲストレルを含むアフターピルが認可されてからは、あまり使用されずレボノルゲストレルによる避妊が主流になっています。
レボノルゲストレルは、性交後72時間以内に1回服用することで効果が期待できるアフターピルです。
日本では2011年から使用が開始されました。
レボノルゲストレルに含まれる成分が妊娠に似た状態を作り出し、妊娠をしていると認識した体では排卵が抑制されるため避妊ができる効果があります。

一方ヤッペ法では、性交後72時間以内に中用量ピルを12時間ごとに1回2錠の薬を服用します。
中用量はアフターピルに分類される薬ではないですが、ヤッぺ法ではアフターピルとしての効果を得る目的で使われています。
ヤッペ法ではレボノルゲストレルの薬よりも副作用の報告が多いとされています。
中用量ピルの値段は4,000円から8,000円程度が相場で、レボノルゲストレルを含む薬は12,000円から16,000円程度で処方される病院が多いです。
中用量ピルの方が費用がかからずに済みますが、嘔吐などの副作用が確認されている一方でレボノルゲストレルは吐き気などの副作用が少なく、避妊効果も高いという特徴があります。

アフターピルを通販で買うといくら?

アフターピルは避妊を失敗してしまった場合早急に飲む必要があり早いほど効果が期待できます。
しかし、すぐに医療機関を受診できるとは限りません。
アフターピルは通販で買うことができるため、すぐに受診できないなどの心配がある方は、事前に買っておくという方法もあります。

性交渉をしている方は予期せぬ避妊の失敗というリスクもゼロではないため、通販で購入しておくと万が一の時安心ではあります。
値段も、病院では4,000円から16,000程度になる可能性があるアフターピルも、通販を利用すると1回分2,000円程度で買うことができます。

通販で買うことができるアフターピルには、病院で処方されるレボノルゲストレルを含むジェネリック医薬品があります。
病院で処方される薬よりもレボノルゲストレルの含有量が少なく、ヤッペ法のように12時間ごとに2回に分けて飲む服用方法が特徴です。
回に分けて飲む理由は、副作用を防ぐためです。
レボノルゲストレルの成分は2時間以内に吐き出してしまうと効果がなくなってしまう可能性があるため、吐き出してしまうリスクを少なくしています。

通販で購入した場合に注意しておきたいのは、服用に関して医師からの指示等がないことです。
副作用の症状が長く続いた場合などは早めに医療機関を受診しましょう。

また、服用から3週間程度たった後に妊娠検査薬での確認もおすすめします。
避妊に失敗していた場合は相手の男性との相談や医療機関での相談しましょう。
定められた時間以内に服用できれば高確率での避妊効果が期待できるアフターピルですが、アフターピルの服用はできる限りの避妊を行った上での緊急対策と考えた方が良いでしょう。

妊娠を望んでいない場合にはコンドームの利用をおすすめします。
コンドームを使用しても避妊率は8割程度とされています。
コンドームをがずれていたり、穴が開いていたりして失敗していることもあるのです。
そのような時にアフターピルを使うと望まない妊娠が高い確率で防げるということです。

アフターピルは排卵を抑制したり女性の体に大きな影響を与えるため副作用のリスクもあります。
あくまでも緊急対策と考え、アフターピルがあれば避妊をしない性交渉が安全と安易に考えず、アフターピル以外での避妊もきちんと行うようにしましょう。